MX4D版 激情のワルキューレがすごい

こんにちは,しののめ(@Shinogasa)です.

5月11日より上映が開始されたMX4D版 劇場版マクロス⊿ 激情のワルキューレ.

劇場版自体は2月9日に公開されており,一部では未だにロングラン上映が続いていました.

私はなんだかんだ見逃してしまっていたので,このニュースを聴いた時に行くしかねえ!と思いましたのでMX4D初体験ついでに行ってきました!

MX4D is 何

そもそものMX4Dとはなんぞやというところですが,簡単に言うとTOHOシネマズ独自の体感型映画のこと.

公式ページによると,通常の映画に加えてシーンに合わせて専用のシートが上下左右前後に動く風,水しぶきや香りが出るストロボが光るなど全11種類の効果が体験できるアトラクション型シアター.

こんな感じの専用椅子に座って映画を見ながら様々な効果を体験できます.

ディズニーランドのストームライダーのような感じですね.

似たようなものに4DXがあるのですが,こちらは効果が全10種類と1つ少なくなっているみたいですね.

ちなみにどちらも通常の鑑賞料金に加えて別料金が必要になりますので注意が必要です.

MX4Dはアトラクション

さて,そんなMX4D版 激情のワルキューレですが非常に楽しかったです.

もちろん本編の面白さはあるのですが,それに加えてMX4Dの効果があるおかげでまるで自分が映画の中にいるかのような臨場感が非常に出てきます.

非常に良かったのはバルキリーでの戦闘シーン

機体の動きに合わせて椅子が前後左右へと動いて,機銃を打つ時,打たれる時は顔や首にエアーが噴出されて実際に弾がかすめているかのような演出で,まるで自分がバルキリーに乗っているかのような臨場感でした.

その他,お風呂シーンでは花の香りが漂い,ライブシーンでは音楽に合わせて椅子が振動してカラフルなストロボが炊かれたりと,シーンに合わせて様々な効果が設定されており,まさに「映画を体験」することができました.

ただ,個人的にイマイチだったのは水しぶき.

唐突に水しぶきが顔めがけて飛んで来るのでかなりビビって集中力が途切れます.

また,水しぶきののせいで眼鏡に水滴がついてその後のシーンが見えにくくなります.

海のシーンなどでは雰囲気が出て良いのですがちょっとコレはいらないかなぁと思いました.

ワルキューレは裏切らない

※若干ネタバレあります

MX4D版 劇場版マクロス⊿  激情のワルキューレですが,とてもおもしろかったです.

大筋の流れはTV版マクロス⊿と同じですが,ハヤテがすでに⊿小隊に加入しているところから始まるなど,ところどころTV版とは異なる流れになっており新たな気持ちで楽しむことが出来ました.

新規シーンも多く追加されており,フレイヤ加入でのお風呂シーンとかはとてもセクシーで最高でした.

最後の空中騎士団との戦闘・共闘シーンも迫力とスピード感があってよかったですね.

ただ,メッサーがやられるシーンも変更されており,コレは生存ルートか!?と期待しましたが結局殉職してしまいなんかモヤッとした気持ちでした.

個人的には戦いの中で殉職したTV版のほうがメッサーのカッコよさと悲しさが凝縮されていてよかった気がします.

また,ヒロインのミラージュさんがそこまでハヤテと絡んでいなく,三角関係の要素が少なめでした.

ミラージュさん素敵なのでもっと出番が欲しかった.

2時間に収めるとなるとどうしてもシーンに限りがあるのでしょうがないですね.

1度は体験してみて欲しいMX4D版

初体験だった劇場版マクロス⊿とMX4D.

題材がマクロスということもあって効果を十二分に楽しむことができました.

映画というよりほぼアトラクションですので,じっくり集中して見たい人向けではありませんが,1度見たことのある映画を再度見るときはオススメです.

ちょっと料金がお高くなってしまいますが,レイトショーなどの割引を駆使すると少しお安く楽しめますので気になっている方は体験してみてはいかがでしょうか.

劇場版マクロス⊿もとても楽しく,物語の面白さと曲の強さを再認識することができました.

まだしばらくは公開しているようなのでもう1度くらいは見に行きたいですね.

8月にブルーレイが発売されますがやはり映画館の映像と音響は段違いだと思いますので劇場に足を運んでみてください.

鑑賞特典もまだ配布されてますよ!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。